三栄商事株式会社

ミレニアムベース

  • ミレニアムベースの特徴・品質
  • ミレニアムベースの
    特徴・品質
  • About Millennium Base

ミレニアムベースの
特徴・品質About Millennium Base

  • ミレニアムベースとはCharacteristic
  • 3階建てまで使用できる、
    布基礎・べた基礎用のユニット鉄筋
  • ミレニアムベース最大の特徴は溶接の強度にあります。鉄筋同士を溶接の際に、「Aタイプ溶接(全強度鉄筋交差溶接)」と呼ばれる溶接方法を用いることにより、通常の溶接に比べ溶接強度が格段に強くなっています。

    例えば大きな地震が起こった際に、従来の溶接方法を用いたユニット鉄筋では、その揺れに耐えることができず、鉄筋同士の溶接部から剥がれてしまい、鉄筋の強度を発揮することができません。しかし、ミレニアムベースは「Aタイプ溶接(全強度鉄筋交差溶接)」を用いることにより、鉄筋そのもの(母材)が持つ強度よりも溶接部の強度が強い為、溶接部が剥がれる前に母材が切れてしまいます。これにより、地震によって繰返し引き起こされる大きな揺れに対しても、効果的に鉄筋の働きが可能になります。

  • mark
  • 16の特許と3つの実用新案
  • ミレニアムベースは16の特許と3つの実用新案登録を
    行っています。
  • 主な特許
  • ・せん断補強筋のスポット溶接方法
    ・鉄筋コンクリート基礎のダブル配筋構造
    ・鉄筋コンクリート梁のシングル配筋用梁枠ユニット、
    継ぎ手筋ユニットおよび継ぎ手構造
    ・建築物の基礎構造およびその施工法
    ・基礎とその構築方法 など
  • 信頼の実績
  • その品質が評価され国内大手住宅メーカー様とのお取引があります。

溶接強度と
施工品質Strength and Quality

  • 格段に強い
    溶接強度を誇ります。
  • ミレニアムベースはAタイプ溶接(全強度鉄筋交差溶接)によりユニット化されています。Aタイプ溶接(全強度鉄筋交差溶接)を用いることで、鉄筋の溶接部が母材の強度と同様か、それ以上の強度を持っています。また、鉄筋鋼材証明書(ミルシート)が発行される材料を使用し、図面より1邸ごとの受注生産を行なっています。生産過程につきましても、工程内検査責任者が毎日厳しいチェックを行ない、徹底した品質管理のもと製品化されています。
表表表

強度・品質 最高評価A

最も長い実績で高い生産品質を徹底管理

最高評価のAタイプ”評定を業界で一番最初に取得

鉄と比較
(一財)日本建築センターでは、ユニット鉄筋の強度、品質に対し三段階(A、B、その他)の評価に分類されており、ミレニアムベースは最も評価の高いAタイプ評価をいただいております。
また、特殊な溶接方法を用いることで、母材の強度と同様かそれ以上の強度を保つよう製作しております。
日本建築学会の規則では、3階建以下での住宅鉄筋コンクリートには構造計算上180°のフック付きアバラ筋を用いることになっています。
しかしミレニアムベースは、部材実験を行った結果180°フック付き住宅基礎鉄筋(アバラ筋)と同等以上の強度を持つことが確証されています。そのためフック無しでもあばら筋を、構造計算に加えることができます。


BCJ評定-LC0007 評定書

毎日実施している
溶接部の性能試験風景

強度実験に関するデータ

構造性能保持のための部材実験:
せん断実験

シングル配筋した基礎梁のせん断実験:180°フックと同等以上

※この実験はFc=21N/mm2で主筋はSD345 ※実験試料提供:東京理科大学 松崎研究室

実験データ1実験データ2実験データ3
  • 現場での配筋が早く、
    コストパフォーマンスの高い製品です。
  • 背筋例
    • 工期短縮
    • 現場では、ユニット同士を結束するだけでスピーディーに配筋ができ、従来の現場組みでの配筋に比べ、約3日間の工期が短縮可能です。(下記、工法別基礎工事工期比較参照)
    • コストダウンが可能
    • 必要材料は1邸ごとにユニット鉄筋やその他材料を拾い出すため、材料費の無駄を省くことが可能です。
    • 高品質の施工が可能
    • あらかじめ工場でユニット鉄筋を作成するため、現場ごとの施工のばらつきが無く、作業者の熟練度にも左右されません。
  • 後期比較

Delivery Flow納品までの流れ

  • flow

    見積りのご依頼

    部材のひろい出し・積算用の図面が弊社に到着します。

  • flow

    鉄筋・付属材のひろい出し

    基礎伏図を基に断面図を見ながらユニット・スラブ・補強部品・付属材等を専用ソフトで自動割付します。基礎形状(布基礎・ベタ基礎等)は各物件に応じて異なりますが、対応可能です。

  • flow

    積算・見積提出

    邸名ごとに鉄筋・付属部材の積算と御見積の提出をしています。

  • flow

    納品日打ち合わせ

    受注が確定した段階で詳細なお打ち合わせを行います。

  • flow

    製造

    徹底的な品質管理のもと、切断から溶接、仕上げまで全て自社工場内での製品の製造を行います。

  • flow

    現場納品

    完成した製品を積み込み出荷いたします。

日本ミレニアムベース協会Millenium Base Association

日本全国、どこでもミレニアムベースを提供することを目的として立ち上げた協会です。

  • 株式会社札幌山水
  • 〒063-0849 北海道札幌市西区八軒9条西5丁目2-12
  • 株式会社東北サンジョウ
  • 〒981-4202 宮城県加美郡加美町下多田川字百沢72-6
  • 株式会社佐藤製線所
  • 〒989-2351 宮城県亘理郡亘理町字江下111
  • 三栄商事株式会社
  • 〒370-1201 群馬県高崎市倉賀野町3304番地
  • 株式会社ハウスメッシュ
  • 〒252-0012 神奈川県座間市広野台2-5-1
  • 株式会社スチールプラス
  • 〒274-0811 千葉県船橋市三咲町135-6
  • 株式会社愛和鉄工
  • 〒441-1115 愛知県豊橋市石巻本町字広福8-1
  • 南海スチール株式会社
  • 〒641-0062 和歌山県和歌山市雑賀崎2017-6
  • 株式会社松井鋼業
  • 〒915-0082 福井県越前市国高2丁目42-6-5
  • 株式会社幡中金網
  • 〒704-8121 岡山県岡山市東区西大寺射越231
  • 西日本金網工業株式会社
  • 〒761-8078 香川県高松市仏生山町甲1027-1
  • 新光産業株式会社
  • 〒755-0001 山口県宇部市大字沖宇部5265番地
  • 有星機材株式会社
  • 〒861-3107 熊本県上益城郡嘉島町上仲間394-4

日本ミレニアムベース協会